高等部

1 高等部目標

 高等部では、次のことを目標にしています。

(1)体力の向上を図るとともに、自らの健康に留意できる力を養う。

(2)社会生活に必要なきまりやマナーを理解し、互いに認め合って活動しようとする態度を養う。

(3)基礎的な知識・技能及び生活習慣を身に付け、積極的に社会参加しようとする態度を養う。

(4)積極的にコミュニケーションを図り、望ましい人間関係を築こうとする態度を養う。

(5)勤労の意義、職業についての理解を深め、生きる力を養う。

 

2 通学方法

 市営バス、徒歩、自家用車送迎、送迎サービス利用、八甲学園バス(学園入所者)などで通学しています。

 

3 登下校の時刻

 ◆登校時刻  8:50

 ◆下校時刻  月~木 15:10  金 14:20

 

4 時間割

 1単位時間 50分

 

 高等部 例1

 高等部 例2

 

5 学習内容

 ○日常生活の指導

衣服の着替え・清掃・係活動など日常生活の基本的なことについて、自立を目指して学習します。

 

 ○生活単元学習

自分たちの生活上の目標を達成したり課題を解決したりするため、具体的、総合的に学習します。

 

 ○作業学習

リサイクル、縫製、木工、園芸、農耕の作業班があります。作業態度や意欲など、働く力を身に付ける学習です。

 

 ○国語、数学

生活に必要な言葉や文章、話し方、お金の計算、時間などの学習をします。

 

 ○音楽

歌唱、器楽、身体表現、鑑賞等の活動を通して、いろいろな音楽に親しみ、生活を豊かで明るいものにすることをねらいとして学習します。

 

 ○美術

造形活動を通して表現することや鑑賞することに親しみ、生活を豊かで明るいものにすることをねらいとして学習します。

 

 ○保健体育

運動を通して基礎体力や技能を高めるとともに、積極的に運動に取り組む態度の育成をねらいとして学習します。
また、日常生活における健康や安全、性に関する学習をしています。

 

 ○自立活動

ことばや運動、情緒、行動などの面で見られるつまずきや困難の改善や克服に、興味をもって主体的に取り組む学習です。

 

 


      

 ○総合的な探究の時間(名称:アワータイム)

「自分と身の回りのこと」をテーマとして出発し、自分自身の在り方生き方を考えながら、よりよく課題を発見し解決していくための資質・能力を育成する学習を行います。

 

 ○特別活動(学部集会、交流及び共同学習等)

社会や集団の一員としての自覚を促し、役割や責任、友達と協力するなど、経験の拡大や社会性の育成をねらいとして学習します。

 

 ○特別の教科 道徳

「特別の教科 道徳」については障害の状態、学習状況や経験等に応じて各教科等を合わせて指導します。道徳教育については、道徳科を要として、教育活動全体を通して道徳性を養います。